塗料
水性・油性、DIYでは用途に応じて種類と性能を理解して選ばなければならないので大変難しい。でも基本さえ覚えれば問題ありません。
建材
塗料

スポンサードリンク

このサイトについて

トップページ


電動工具
ドリル・ドライバー
ルーター・トリマー
カンナ・自動カンナ
集じん・ブロワ
切断機
 ├ ジグソー
 ├ 丸のこ
 ├ スライド丸のこ
 └ 卓上丸のこ

充電工具
ドリル・ドライバー
切断機
 ├ ジグソー
 └ 丸のこ

エア工具
コンプレッサー
釘打ち

木工手道具
サシガネ
メジャー
墨つぼ
ケビキ

建材
木材
│├ 角材
│├ 板材
│├ 羽目板、腰板
│├ 床材
│└ モール
壁材
│├ 珪藻土
│├ しっくい
│├ クロス
│└ 和紙
金物、くぎ、ねじ
ボード
│├ 天井ボード
│├ コンパネ
│└ 石膏ボード
断熱材
│├ グラスウール
│├ 発泡ウレタン
│└ ミラフィット
塗料
│├ オイルステイン
│├ ニス
│├ 自然塗料
│└ 炭塗料
レンガ

インテリア
ドア、戸
キッチン
照明
取っ手
スイッチ

リフォーム

塗料
塗料には大きく分けて、水性と油性の2種類のタイプがあります。
水性は、なにより手軽さと安全性が売りの塗料といえます。薄めるには水を使用します。
乾けばアクリル樹脂系なので水で溶けることはありません。

油性は、耐久性、品質などの面では水性よりも優れています。本格的な仕上がりを求める方は、こちらの方がいいでしょう。
尚、油性の塗料を薄める場合は、専用のうすめ液が必要です。
油性にはエポキシラッカーウレタン・アクリルがあります。
これらは、塗膜の硬度や塗料の乾燥時間などが違います。

金属の塗装は、どの成分の塗料でも塗装可能です。木工の塗装は、木目を生かした透明仕上げ剤として透明ニスを使います。表面の保護と目止めを目的としています。
着色仕上げ剤としてステインがあります。これは染料で木材の木目を生かしながら着色するものです。

スポンサードリンク

おすすめ商品

Copyright (C)8ri9ri.com 2004 All rights reserved.