安易に毛抜きやカミソリによる自己脱毛処理はやめて! 肌が傷んで埋没毛になったら大変! 安全な脱毛法は...
|  ホーム   |  サイトマップ  |
トップ

埋没毛とは? 埋没毛(まいぼつげ)とは、脱毛時に毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴が塞がり、皮膚の中で毛が発毛してしまうことを言う。埋もれ毛とも呼ばれる。

■埋没毛のメカニズム

PR 魅せるカラダに大変身! 徹底的にボディケア

カミソリによる自己脱毛処理が原因で埋没毛(まいぼつげ)になる場合をイメージイラストで解説。
肌が鳥肌の状態やカミソリの押さえつけにより、毛穴が盛りあがりカミソリの刃で、毛穴周辺の肌を傷つけてしまった。その結果、毛穴は炎症を起こし、傷口がふさがり皮膚の中で毛が埋もれた状態で伸びていく。

■原因

PR 脱毛・除毛のアイテム選びの基本

主に毛抜きや剃刀を用いて毛を処理した時に、皮膚が傷つき、そのかさぶたなどで毛が皮膚表面に出てこれなくなったり、毛抜きで脱毛時に、毛が切れたことによって毛の先が尖るなどの原因で、皮膚内を貫通してしまい、そのまま成長してしまう現象のことである。その結果、皮下に毛が埋まり肌が鳥肌状に荒れたりしてしまうが、ほとんどの場合、毛がこれ以上伸びないところまで放置しておくと、自然に分解され排泄されてしまう。しかし、場合によっては、色素沈着を起こしたり、炎症を起こし毛膿炎になることもある。 主に脱毛をする女性に多く、ワキやビキニラインなど、皮膚の弾力がなく毛の生える方向がまちまちの部位にできやすい。

■処置方法

皮膚科と相談し、レーザー脱毛を用いて、埋没毛の部位を取り除くのが最良の方法である。 また勧められないが、自分で処理する場合、よく消毒された針を用いて患部も消毒し、皮膚に消毒した針で軽く切開し、その穴から毛を取り出す方法もある。 また、タオルやアカスリなどで皮膚をこすり、毛を出す方法などもある。

■予防法

まずは毛抜きや剃刀を使った自己処理をやめることである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

セルフケアの除毛剤の種類

毛抜きやカミソリによる自己脱毛処理が原因でボツボツ毛穴、埋没毛(まいぼつげ)、毛穴の炎症などで傷んだ肌を元に戻すのは困難です。

あなたは、一時的な脱毛で満足しませんよね?

面倒なムダ毛処理、毛抜きやカミソリによる自己脱毛処理はやめて、肌が傷んでいく前に「エピクリーン」脱毛剤を試してみてはどうでしょうか?

「早い!」「簡単!」「痛くない!」

予約[エピクリーン]あらゆるムダ毛に対応!医薬部外品の脱毛剤!【healthy-support】 予約[エピクリーン]あらゆるムダ毛に対応...
9,800円
[エピクリーン]あらゆるムダ毛に対応!医薬部外品の脱毛剤!自宅で簡単!ツルピカ肌

商品ページへ
Ads by STMX
ホーム

このホームページはリンクフリーです

Copyright (C)8ri9ri.com 2004 All rights reserved.