なにげなく使っているが、メジャー、コンベックスのツメがカタカタ動く・・・。実は、ちょっとした理由がある。その使い方
トップ > 木工手道具の正しい使い方 > メジャー

メジャーはこうして使う

木工には欠かせない道具。

普通メジャー巻尺と呼ぶがコンベックスとも呼ばれることもある。

使い方は、当たり前だが、測りたいものにメジャーのツメを引っ掛けてそのままメジャーをひっぱり、テープの目盛りを読む。

使い終わったらテープは自動的にメジャーの中に納まる。

なにげなく使っているが、メジャーのツメがカタカタ動くことはご存知だろうか? 実は、ちょっとした理由がある。

壁に押し付けて床幅を測ったり、板の長さを引っ張って測ったりする。

すなわち、テープを「押し付ける」と「引っ張る」の使い方がある。

そうすると引っ掛けの時に使う「ツメ」には1mmの厚みがある。その1mmの厚みの誤差を「ツメ」はカタカタ動いて0基点を補正しているのだ。

だから押し付けて測っても正確に測ることができる。

購入の際はJIS規格1級のメジャーであれば「ツメ」は動くので参考にして欲しい。

 

■メジャーの構造


引っ掛けの時


押し付けの時

テープを引き出すと凹んだ形状となる。

メジャーの本体の中では板状になったテープがバネとなり容器に巻き込まれて収納される仕組みになっている。

引っ掛けの時に使う「ツメ」には1mmの厚みがある。

その1mmの厚みの誤差を「ツメ」はカタカタ動いて0基点を補正している。

写真で説明しよう。引っ掛けて使うときは「ツメ」が伸びる。

押し付けて使うときは「ツメ」が縮む。

スポンサードリンク

■メジャーの基本的な使い方

使い方は、測りたいものにメジャーのツメを引っ掛けてそのままメジャーをひっぱり、テープの目盛りを読む。

引っかからない場合は指でテープを押さえながら測ろう。

使い終わったらテープは自動的にメジャーの中に納まる。

メジャーはロック機構のついたタイプもある。

これなら手をはなした状態でも巻き取られないで測ることができる。

天井など手の届かないところから測る場合、テープの幅が広いほうが安定して伸ばすことができる。

廊下の幅などを測る場合、目盛りを読む側のテープをくの字に曲げながら測る。

スポンサードリンク

関連ワンポイント

メジャーは全てコンベックスと呼んでいいの?
メジャーといっても品質の悪いものから精度の優れたものなどいろいろあります。コンベックスと商品名についていれば登録商標なので信頼性のあるメジャーと思っていいでしょう。それ以外はメジャーと呼ぶのが本当は正しい。


このホームページは全てリンクフリーです。どんどんリンクしてください。

Copyright (C)8ri9ri.com 2004 All rights reserved.