シラガキはこうして使う
トップ > 木工手道具の正しい使い方 > シラガキ

シラガキはこうして使う

切り出し小刀と似たような形で、鉛筆よりも正確な線を引くときに使います。

シラガキの刃は、比較的鈍角につくられていますが、これは、必要以上に刃が用材にくい込まないようにするためです。

繊維と平行に引く場合は、ケヒキ同様、二度引きが必要です。

ホゾ穴づくり、組み手接合の墨つけなどには特に便利です。

 

スポンサードリンク

■シラガキの基本的な使い方

鉛筆を持つのと同じようにシラガキをもち刃の裏側をサシガネなどにあてて材に筋をいれていく。

スポンサードリンク

関連ワンポイント

メジャーは全てコンベックスと呼んでいいの?

メジャーといっても品質の悪いものから精度の優れたものなどいろいろあります。

コンベックスと商品名についていれば登録商標なので信頼性のあるメジャーと思っていいでしょう。

それ以外はメジャーと呼ぶのが本当は正しい。


このホームページは全てリンクフリーです。どんどんリンクしてください。

Copyright (C)8ri9ri.com 2004 All rights reserved.